海外にいる大使館は何をしてくれますか?
リリース時間:2018/12/7 13:40:31

これで、具体的な内容を説明します。海外での生活、仕事、勉強、旅行などがとても役に立ちます。

早く小さいノートを取り出してメモしてください。万一の時に備えてください。

「中華人民共和国国籍法」に基づき中国国籍を有する者は、中国政府の領事保護を求めることができます。つまり、大陸住民であれ、香港、マカオ、台湾の同胞であれ、海外に住む華僑、臨時出国の旅行者、留学生、労働者は、すべて領事保護の対象となります。

注意が必要なのは、中国国民は二重国籍を持つことを認めないことです。

外国に定住する中国国民は、自ら外国籍に加入または取得した者は、自ら中国国籍を喪失します。したがって、中国の在外使領事館の領事保護の権利を享受しません。

ですから、出国時に中国のパスポートを持って、その後に居住国の国籍を取得しても、中国の駐在領事館の領事館保護を受けることができません。

移民手続きをしている仲間は、手続きが終了するまでは中国国民であり、領事保護の対象となります。

所在国に重大な突発事件が発生した場合、危険地域からの避難に関する相談と必要な協力を提供する。外国での受刑または拘束、逮捕は、当事者の請求または同意を得て面会することができる。生活に困ったら、当事者と国内親族の連絡に協力して、費用問題の解決に協力してください。所在国で他人と民事紛争が発生し、刑事事件、突発病に関連し、現地の弁護士、通訳、医者などのリストを参考にしてもらうべきですが、そのサービスの質が当事者の予想に達することは保証されていません。

外国で行方不明になったり、家族を失ったりする場合、代わりに所在国の関係部門に請求してもいいです。

中国の法律法規に基づいて、海外にいる中国国民に旅行証明書を発行し、交換し、再発行し、また追加発注します。

中国の法律法規により、旅行証明書或いは証明書をなくした中国国民のために旅行証または帰国証明書を発行します。

中国の法律法規と関連国際条約に基づき、中国国民のために公証を行い、または現地の関連部門のために発行された中国に送るつもりの文書で領事認証を行います。

所在国の法律法規と抵触しない場合、居住国の中国国民のために婚姻登記を行います。

困った場合、領事館の保護と協力を得るにはどのような便利な道がありますか?

一、海外安全注意メール

2011年から、中国外務省領保センターは中国聯合通信、モバイル、電信と提携し、181の国と地域に行く中国国民に携帯メールで海外の安全リスク国別を送るようになりました。美東地区に行く中国国民は携帯のローミングを開通すれば、入国後初めて外務省の領保センターから安全注意メールを受け取ります。その中には中国の駐米大使館の緊急連絡電話が含まれています。不時の出費に備えて大切に保管してください。

二、外務省12308ホットライン

領事館の領主専用線のほか、中国国民は海外で突発的な状況に遭遇し、緊急救援を求めます。また、外交部全世界領事保護とサービス緊急コールセンター12308ホットラインに電話してもいいです。通常は+86-10-2308または+86-10-591399に電話すればいいです。もし助けを求めている人が海外で人身侵害などの緊急状況に遭遇したら、番号をダイヤルして「0」を押してから「9」を押して直接に人の手を回すことができます。

三、外交部12308ホットライン携帯アプリクライアント

今年9月、外交部12308ホットライン携帯アプリクライアントが正式にオンラインし、主に海外安全注意報を発表し、中国国民に関わる海外重大突発事件の処理状況を紹介します。

クライアントがあって、本当にワンタッチで助けを求めます。中国国民は全世界のどこにいても、いつでも、クライアントを使ってモバイルインターネットを利用して外交部12308ホットラインに電話することができます。国際通話料を別途支払う必要はありません。

四、「領事直通車」

領保専用線に電話する以外に、海外で「奪われたらどうすればいいですか?」「パスポートをなくしたらどうすればいいですか?」などのような問題があったら、「領事館直通車」のWeChat公衆番号を通じてリアルタイムで相談して助けを求めてもいいです。

五、中国領事館サービスネットワーク

このほか、「中国領事館サービスネットワーク」に登録し、より多く、より全面的な領事館サービス情報を取得することを歓迎します。

以上の紹介を通じて、皆様は祖国からの幾重にもわたる保護を切実に感じられました。将来、苦境にあっても慌てずに、多くのルートで領事の保護と協力を求められます。

最後に、領事館の保護は海外の中国公民と機構の合理的かつ合法的な訴求であり、国際法と所在国の法律法規に制約されていることを指摘します。  
    領事の保護は「大規模な負担」ではなく、「万事の後押し」ではなく、公民の外出はまず個人の行為の合法性と安全性に責任を持ち、安全の注意に従い、海外旅行を合理的に手配し、関連費用を負担するなどの面で相応の法定義務を履行しなければならない。覚えてください。

出所:微信公衆号「中国駐モントリオール総領事館」、中国華僑ネット


Copyright © 2015-2018 山東華夏国際経済技術合作有限公司
住所:威海市経区青島中路83号通誠ビル3 F
届出番号: 鲁ICP备11024134号-2
技術サポート:奥情報ソフト