2019年から日本は外国人労働者を大規模に受け入れています。
リリース時間:2019/2/11 15:22:40

       レポート:最終案は閣議で承認され、移民政策は重大な変更が発生します。

  政府の閣議で25日、外国人労働者を受け入れる最終案が審議された。関係資料によると、外国人労働者の受け入れを拡大するため、日本政府は、先の国会で可決された「出入国管理及び難民認定法」に基づき、介護、建築など14業種を含む外国人労働者の受け入れを決定した。

  この日の閣議で採択された最終案は、新ビザ資格の「基本方針」と、外国人労働者の業種別と人数を具体的に受け入れる「各分野の運用方針」を明記したうえで、外国人労働者を導入・受け入れる「総合対応策」の最終版の案を明確にしました。

  計画では、来年4月から5年間で最大34.5万人の外国人労働力を導入することを明らかにしています。介護業界の首位は6万人に達する見通しだ。それから飲食業(5.3万人)と建築業(4万人)です。日本の安倍晋三首相は会議で「制度を決めて、できるだけ社会環境を整え、外国人が日本で働けるようにしたい」と述べました。

  過去に、日本は長い間、外国人労働者や移民の大規模な受け入れを拒否してきました。調査結果によると、日本社会の少子高齢化が進むにつれて、長期的な低出生率は、2010年ごろから日本の人口を減少させ始めた。日本社会全体の労働力の不足は日に日に拡大しています。来年日本には60万人以上の労働力の不足があります。農業人口の平均年齢は60歳を超えました。労働力不足と経済が着実に増加しているため、過去数年間で日本の雇用機会が高まり、今年は早くも失業率は1992年以来の最低水準に落ち込んでいます。

  日本政府はこれまでも、「研修生」を受け入れる制度を変えて、外国人労働者を導入してきましたが、この制度自体には様々な問題があり、「研修生」は日本では社会になじみにくく、不法に住むケースもありました。現在の日本の各業界の就業欠員が埋まらない現状に対して、日本政府は法律を改正して、正式に外国人労働者を受け入れる用意があります。日本の移民政策の大きな変化と言えます。

  この新しい法律は二つの新しいビザの種類を設けます。一つは体力労働者のために5年間のビザを提供すること、もう一つは高い技術を持つブルーカラーの労働者のために無期限ビザを提供することです。新しいビザは申請者に基本的な日本語能力が必要です。日本政府は、新しく開放された外国人労働者は主に周辺国から来ると予想しています。中国、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、ネパール、モンゴルなどです。

  日本の世論調査によると、多くの日本人は深刻な排外思想を持っていて、主流の民意は移民の受け入れに反対しています。移民に対する心配は、外国人が社会に溶け込むかどうかに集中する。外国人労働者の受け入れに協力するため、日本政府は公共機関や生活インフラなどで多言語化を強化するなど、新たな外国人労働者を迎える準備を着実に進めていく方針です。

  労働力不足が深刻化していることを考えると、専門家や学者が外国人労働者の雇用を呼びかけているだけでなく、政府も次第に労働力不足の厳しい状況を前にして、外国人労働力の受け入れを始めなければならないことを認識してきました。

  しかし、今年秋の臨時国会では、安倍政権が外国人労働者の受け入れを急ぐため、「出入国管理及び難民認定法」の審議作業を17時間だけ行い、採決に強い姿勢を示しました。


Copyright © 2015-2018 山東華夏国際経済技術合作有限公司
住所:威海市経区青島中路83号通誠ビル3 F
届出番号: 鲁ICP备11024134号-2
技術サポート:奥情報ソフト