安倍さんは初めて中国人にこのように新年挨拶をしました。
リリース時間:2019/2/11 15:05:59

1549868535(1).jpg 

(一番目)

安倍さんの人生は初めてです。

彼が初めて映像で中国人に新年のあいさつをするのは、日本の首相史上初めてです。

彼が最初に話したのは中国語で、5つの字です:皆さん、新年おめでとうございます!

発音から見て、安倍さんはしばらく練習したはずです。

中国語は確かに難しいかもしれません。次は日本語で紹介します:安倍晋三と申します。

ご注意ください:安倍氏も自分の身分を紹介していません。彼も日本の最高権力者です。(天皇は虚位で実権がない)

続いて、安倍さんは中日関係についての説明と祝福です:

2018年は日中関係史上重要な年であり、中国の総理が訪日し、本人が日本の首相として7年ぶりに訪中し、日中関係は完全に軌道に乗った。昨年、日本は830万回の中国人観光客を迎え、過去の記録を更新しました。国民間の直接的な交流は相互理解の深化と相互信頼の深化に重要な役割を果たしている。2019年は「日中青少年交流促進年」であり、青少年をはじめとする国民交流をより多くの力を入れて推進したいと考えています……

冒頭の中国語のほかに、安倍さんは少なくとも中国のことわざを3つ使っています:

第一句:“百聞は一見に如かず”,両国国民の交流を強化してほしいです。

二番目の文,日中関係を希望します“百尺竿頭一歩を進める”

第三句,中国の友達がほしいです“ゴマの花がどんどん咲いている”

全体のビデオは長くないです。2分以上しかないです。本当にいいです。

 

(二番目)

世界の各大国の指導者の中には、安倍氏のような低姿勢は珍しいはずだ。

最近のアメリカ総選挙では、トランプが大統領に当選した後、安倍さんは何も言わずに、直ちにニューヨークに飛んで行って、珠光のトランプビルに行きました。

当時多くのメディアが皮肉を言ったのを覚えています,アメリカの新大統領に初めて会う外国の指導者になるために、安倍氏は自ら身を挺し、「まみえる」ことに甘んじた。。

1549868666(1).jpg

 

この点については、安倍氏も後になって、こう説明しました。「君子豹変」に従うだけです。

彼の話は:「身を守るために豹変するのではなく、国家と民衆のために、メンツを捨てることができる。これは私たちが指導者として持つべき姿です」

そもそも「君子豹変」は私たちの古典「易経」に由来します:大虎変、小人革面、君子豹変。

意味は大体:大変革の時、君子はヒョウのようにうわさを聞いて動いて、改革に従うことができます。

安倍第一次给中国人这样拜年,传递了三个非同寻常的信号!

 









人は顔があって皮があって、どの指導者が風光の旅を望まないですか?特にこれは自分の執政能力と威信に関連します。国家の利益に比べれば、尊厳は第二位かもしれない。

まだ遅刻があります。

実はプーチンとの面会は、ほとんどがプーチンの遅刻で、去年は一番長いもので、安倍さんは二時間以上も待っていましたが、安倍さんの愚痴は聞いたことがありません。

安倍さんが遅刻する番ですか?

ある年のニューヨークの国連総会の時、プーチンとの約束の時間になって、遅れそうになりました。安倍さんはプーチンに小走りに走って行きました。この画面は中国人の友達の輪の笑いものにもなりました。

衆人環視の中で、ひと走りするのは確かに滑稽で、日本の首相の身分を失うことがあります。しかし、これが安倍さんです。

安倍氏のもどかしさ、厚かましいところを笑ってもいいですが、このような国家の利益が至上であり、面子を気にしない行動はもっと目を覚まさせないですか?

1549868696(1).jpg

  

 

(三番目)

安倍さんは自らビデオを作って、わざわざ中国人に新年のあいさつをします。

尋常でない挙動は少なくとも三つの異常な信号を伝達した:

信号一、中日関係は、確かに新しい段階に入りました。

安倍氏はビデオでも、昨年の中国の総理訪日について、日本の首相として7年ぶりの訪中となりました。日中関係は完全に軌道に戻りました。2019年の日本はG 20サミットの主催者であることを考慮して、中国の最高指導者が訪日し、一時は風雨に見舞われた日中関係が、ついに新たなページを開きました。

恩の恩讐はまたあって、歴史の傷はまたかすかに痛みを生んで、しかし政治家は落ち着いて、克制して、両国の関係を推進して最も望みの方向に向かいます。

安倍さんは中国人に新年のあいさつをするのも、鉄を割って日中関係をさらに深化させ、日本の国益を最大化させたいからです。だから、「百聞は一見に如かず」と言って、中日両国の国民が多く相手に見てもらいたいです。

中日関係は新たな段階に入っています。甚だしきに至っては、新しい蜜月期に入るかもしれません。

信号二、安倍の姿は、確かに目にしみる。

最初の文は中国語で、関係を縮めます。プーチンや他の国の指導者の最初の言葉は日本語です。

また、前述のように、プーチンは遅刻して、安倍は平然として談笑を続けています。安倍さんは遅刻して、すぐにずらりと逃げて、イメージを無視しています。アベノの若すぎる家柄と揶揄してもいいですが、これらの細部には安倍のすごい一面が見られます:時間を守る、忍ぶ、侮れない。

一方は国家の利益で、一方は自分のメンツで、あなたはどれを選びますか?安倍氏の選択は、間違いなく国益だ。たとえそれが自分のメンツを傷つけ、他人から見ても、多少屈辱的である。しかし君子豹変は、本当に人を敬服させずにはおかない。これこそ本当の政治家である。

しかも、短い年賀ビデオの中には少なくとも中国の俗語を三つ使っています安倍さんは中国文化に詳しいと表現しましたが、中国語のなまりはひどいです。

信号三、東アジア地縁政治は、重大かつ深遠な変化を遂げています。

このような変化は今まで一年足らずで、しかも迅速に進行中です。


昨年の第1回特別金会では、半島情勢が急速に変わり、半島北方から孤立状態が出始めました。第2回特別金会はベトナムで開催され、深刻な調整が続いています。また、日本とロシアの関係が近くなり、北方四島問題を解決するのが正念場となりましたが、日本と韓国の関係は急速に悪化し、日本とアメリカの関係も微妙になりつつあります。

日本は対中関係を迅速に改善し、特に多国間主義と自由貿易で協力を強化すると何度も表明しました。明らかにアメリカと貿易戦争を続けていることと関係があります。貿易は日本経済の生命線であり、安倍氏は包囲を突破しなければならない。

中国は明らかに一つのチップです。トランプがなければ、安倍さんは去年ほど早く中国に来ないだろうと分析する外国メディアもある。

これは大きな将棋で、将棋をするのはすべて高人です。

もちろん、これも大勢の赴くところです。ある程度、トランプに感謝しなければなりません。未来から見ると、中国の台頭は、まず中華文化圏の統合である。この文化圏の大国として、中日は友達になるべきです。これは困難な任務ですが、優れた大国外交は、強敵を味方にすることです。これを実現することで、中国は日本全体の国益に100のノーベル平和賞を超えることになる。

安倍さんを軽蔑することはできません。この日本の政治界では世に出ない政治家です。しかし、大勢は阻止できません。友達が来て、いいお酒があります。

古い言葉ですか:永遠の敵もないし、永遠の友達もいません。永遠の国家利益しかありません。


Copyright © 2015-2018 山東華夏国際経済技術合作有限公司
住所:威海市経区青島中路83号通誠ビル3 F
届出番号: 鲁ICP备11024134号-2
技術サポート:奥情報ソフト